mazoo152

姿勢が悪いと悩んでいる人の多くが、肩こりや腰の痛みにも悩まされているのではないでしょうか。

姿勢が悪い、いわゆる「猫背」の状態をずっと続けていると、肩が前に入った状態になってしまうので、肩甲骨の筋肉が前面にひっぱられてしまい、凝りを作り出してしまうのです。また、猫背の人というのは首もやや前に出た状態になっていることが多いので、首の筋肉も凝ってしまいがち。首から肩の筋肉というのはつながっていますので、首が凝れば肩も凝る、逆に肩甲骨の筋肉が凝れば首の筋肉も凝るという具合に、簡単に言うと「凝りの悪循環」につながっていくのです。

そして、座っているときの姿勢にも注意。猫背の状態でイスに座っているとき、体の重みが腰によけいな負担となってのしかかっていきます。猫背状態で長時間座っていると、腰への負担が異様に大きくなってしまうので、腰痛を引き起こしやすくなるというわけなんですね。

もちろん、肩の筋肉と腰の筋肉もつながっていますので、肩の筋肉が凝ることによって腰の筋肉にまで負担がかかり、筋肉が凝っていくという悪循環がここでも生まれています。

姿勢が悪く猫背の状態であることでトクをするということは、ほぼないと考えていいでしょう。猫背の人の多くは「この姿勢が一番楽」と思っているのですが、実際には体に大きな負担がかかっているのです。楽とは正反対なのですね。

猫背の人が正しい姿勢をキープしようとすると、確かに最初はつらかったり、大変だったりするでしょう。でも、それは単なる「慣れ」なんです。猫背の状態に慣れてしまっているせいで正しい姿勢がつらく感じるだけの話であって、実際正しい姿勢に慣れてくれば、その方が楽になりますし、また、肩や腰、首への負担が各段に減りますので、体自体の調子はどんどんよくなるはずです。

ただ、問題は慣れるまでがつらいということ。こればっかりは、頭で理解しているだけではダメで、体に正しい姿勢というのをなんとか教え込まないことにはいけません。

それを解決するためには、できるだけ長い時間正しい姿勢を保つようにすること。「それが難しいんじゃないか!?」と思いますよね(笑)

自分ひとりの意思だけで正しい姿勢をキープするのは難しいという人がほとんどだと思いますので、そんな場合は、姿勢矯正をサポートしてくれるアイテムを上手に使うといいでしょう。

たとえば、姿勢矯正ベルトや、また最近では姿勢矯正ができる加圧インナーのようなものも人気です。ベルトと比べてインナーは長時間着用していても体への負担が少ないので、続けやすいと評判がいいですね。

自力で姿勢矯正をしようとすると、挫折してしまう人が多いはず。そんなときは、こうした姿勢矯正用のアイテムを使うことで、楽に正しい姿勢を身に付けることができます。

長時間正しい姿勢を続けていると、体が「これが普段の姿勢」というように覚えてきますので、徐々に猫背から脱却できますよ。購入はこちら>>>>>猫背 治す インナー